07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
見えない矯正
JUGEMテーマ:歯の健康

 基本的に当院では、いわゆる永久歯列の矯正治療では第一選択として歯の表側につける装置をおすすめしています。表側の装置は金属色のものとみえにくい白いものの2種類がありますが、どちらを使うかは患者さんの選択によります。

なぜ表側が第一選択かといえば、治療期間、噛み合わせという意味での治療の仕上がり、そして口元の変化をいかにしっかりコントロールして改善させるかという3点において最も優れた機能を具備している、すなわち、治療が終わった時の患者さんの利益が最大であると考えているからです。

しかし、矯正治療をはじめるにあたり装置が見えることが大きな抵抗になっている人は少なくありません。当院ではそういう患者さんについて歯の裏側から装置をつける方法で治療を行っていましたが、新たに、マウスピースを用いる方法を導入しました。

この新しいやり方の講習会にはじめて参加してから、導入にいたるまでちょっと期間があいてしまいましたが、概ね満足がいく結果が得られる手応えをようやく得る事ができましたので当院でも治療を開始することにしました。

歯をしっかり動かすという点では、従来の矯正装置にかなわない点もありますが成人のかたで装置が見えるのがどうしても嫌という方は一考されてもよいかと思います。


t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
芸能人は歯が命
というCMがむかーしありましたが、
つんくさんもblogで、「歯は大切だ」と言っていただいてくれています。

http://ameblo.jp/tsunku-blog/entry-10215023648.html

歯並び、噛み合わせが大切とあえて取り出していってくれています。

芸能界にデビューする前に歯並びを治すっていうのも理想かもしれませんが、芸能人になって
から矯正治療してもらうというのも、おおきな啓蒙運動になると思いますねぇ。 
t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
蒼井優さんも矯正してます
蒼井優さん蒼井優さん
 矯正ではいろいろな材料を使いますので、その材料を販売する会社というのがございます。歯科業界ではメーカー直販というのは通常はないのですが、矯正材料についてはほとんどが直販の状態です。それだけ専門性が高い分野ということではないかと思います。

さて、そういうメーカーの営業さんはいろいろな情報をおとしてくれます。

先日みえた営業の方が、

蒼井優さんがつけてるのが、このブラケットのプラスチックバージョンです。」

と新しいセラミックのブラケットを売り込みます。

どうも新年発売の雑誌の表紙にのっていたようです。

さがしてみました。発見です。

蒼井優さん。元々そんなに歯並び悪いわけではないのですが、左前歯がすこ〜しという感じですかね?

なんにしても、こうやって表に堂々とつけてメディアに芸能人のかたが登場してくれるのは
非常によいことです。

JUGEMテーマ:健康

t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矯正治療が映画主演の条件
 



またまだ映画の話題で申し訳
ありませんが、ハリウッドの
映画主演にあたり、
若手俳優が歯の矯正を注文さ
れたというニュースです。 完璧な笑顔を求めてとのこと。
映画館で口元が映れば実物の何
百倍ですからね。 ただアメリカには日本よりも、
口元の美について高い意識が
あることも事実です。 [eiga.com 映画ニュース] 全米で大ヒットスタートしたバンパイア映画
「トワイライト/初恋」(キャサリン・ハードウィック監督)でブレイクし
た若手俳優ロバート・パティンソンが、本作に主演する前に歯の矯正を指示
されていたことを明かした。 本作は、ステファニー・メイヤーのベストセラー小説を映画化したもので、
バンパイアのエドワード(パティンソン)と人間のベラ(クリステン・スチ
ュワート)のせつない恋を描くラブストーリー。 パティンソンが語ったところによると、「トワイライト/初恋」のプロデュ
ーサー陣は彼の笑顔を見て、撮影前に歯並びを治すよう注文してきたとのこ
と。「彼らは僕に完璧な笑顔を求めていたんだ。僕は今まで自分の歯並びに
何ひとつ不満はなかったけれど、プロデューサーたちは矯正器具をはめるよ
う求めてきた」そうだ。この矯正が功を奏したか、本作は予想を上回るオー
プニング成績を記録。1年前はガールフレンドを見つけることさえ苦労してい
たというパティンソンだが、先日、米ピープル誌が選ぶ「08年最もセクシー
な男」の中の1人に選ばれるなど、現在は全米ティーンのアイドル的存在とな
っている。 すでに、「トワイライト/初恋」の続編「ニュー・ムーン(New Moon)」
の製作が決定しているが、パティンソンとスチュワートが引き続き主演する
となれば、2人のギャラは前作の6倍となる1200万ドルは下らないだろうと
言われている。2人が主演するか正式にはまだ発表されていないが、パティ
ンソンは米MTVに対し「話し合いを重ねて、次回作は慎重に選びたい」と
語っている。 「トワイライト/初恋」は09年4月日本公開。

t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矯正用インプラント
矯正用のインプラントというものがあり、いままではヘッドギアなどを使わなければ良い結果が得られなかった症例でも、ヘッドギアを使わず治療できるようになってきている。麻酔をして歯茎の上から骨にねじ込むものなので成長ののこっている子どもには使えないが、多忙でヘッドギアを使う時間を確保しにくい大人の患者さんには選択肢のひとつとなる。
 
 当院では第一選択はヘッドギアであるとは説明する。なぜならヘッドギアはひっぱる方向を容易に変えることができるの対し、骨に固定してしまうインプラントでは自由度がちいさくなる。実際はそれよりも多くの患者さんがインプラントを埋める(ねじ込む)作業に恐怖感があるようである。しかし、やった患者さんからするといたってケロッとしており、どうってことないようである。個人差はもちろんあるが、処置したその日は痛むようだがあとはそれほど苦痛ではないようだ。感想としてはヘッドギアをやめれてよかったという声が一番大きいかもしれない。

 最大の欠点は、いれたインプラントがはずれること。頻度はけっして低くない。2、3年前の学会では20%という発表があったように記憶している。経験上は一度はずれるひとは複数回はずれるような印象もある。ただ、対応としては打ち直すだけであるので、それほど苦痛なことではないようだ。
 おそらく、矯正用のインプラント今後はもっと普及していく方法のように思う。が、問題がひとつある。

この矯正用のインプラントは医療に使用することは認められているが、認可は例えば顎の骨折などのときの固定に使うということで認められているのであって、矯正のために使用するということは認められていないのである。いわゆる目的外使用というものにあたる。認可がおりているという事自体は、体には為害性がないということと思うが、目的外使用であることを患者さんにきちんと伝える必要があり、同意を得る必要があるわけである。学会からもそういう通知がある。しかし、実際は患者さんに大きな利益をもたらすものであるなら、現状は上記のようなインフォームドコンセントが必要なのはわかるが、もっと積極的に矯正への使用を認めるべく動くべきである。にも関わらず学会ではインプラント用いた症例や研究の発表すら自粛させるような動きすらあった。それでは学会として良い材料を認める姿勢がないようにすら感じてしまう。患者のための医療という原則からはずれつつあるひとつの例であるように思う。

JUGEMテーマ:健康


t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噛み合わせと全身の関係
噛み合わせと全身の関連については、初診相談の際たまに出る質問である。

先日もお子さんをつれたお母様から
「噛み合わせをこのままほおっておくと、頭痛の原因になるとかそういうことが起きるでしょうか」と尋ねられた。

この話題、マスメディアでも歯科関連の話題で数多くとりあげられるものの一つだ。

実際、噛み合わせと全身状態は関係があるのだろうか?

実際治療をおこなって、例えば腰痛が治ったとかめまいがなくなったとかそういう患者さんが存在することは事実である。しかし、患者さんに、現在はこう答えている。

「もしあなたの矯正治療の目的が噛み合わせを治療することによる、なんらかの身体症状の改善だけであれば矯正治療はおやめになったほうがよい」

なぜか?
噛み合わせをなおすことで全身状態が改善することの理由がまだ明らかではないからである。傍証となるようなものは散見されるのだが個人的には信頼に足るものではない。治る理由が解っていないのだから、この症状が噛み合わせの治療によって治るかの判断も難しい。ただし、今後はこのメカニズムが明らかになっていくのではないかとは思う。

全身症状が重篤な患者さんについては、噛み合わせと全身の治療を専門にやっている先生と協力して治療を行なってきた。多くの方で改善がみられたが、一部の症状が治らなかった患者さんもいる。これは噛み合わせでは治らない症状だったのかもしれない。その判別は治療してみないと解らないのが現状ではないだろうか。

以上のことにより、歯並びをよくするとか、噛み合わせを良くするという目的がなく、全身状態の改善だけを望む患者さんへの矯正治療は現在はあまりすすめていない。ただし、経験上症状がよくなる患者さんもいるのは事実であるので、歯並びを奇麗にするついでに、改善がみられるといいですねとしか言えないのが現在の歯科医学で明らかになっている事実に応じた解答と思っている。

インターネット上に散見する、多くの噛み合わせ治療。「マジック」という言葉が唱ってあるものもある。「マジック」という段階で個人的には医療とは認めたくない。


JUGEMテーマ:健康


t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
正しい歯科知識
JUGEMテーマ:健康


先日、結婚して退職したスタッフがお子さんをつれてやってきた。嬉しいものである。

歯科検診の衛生指導で3才の今からフッ素塗布をしないとだめだときつく言われたのだが、どうなんだろうという相談である。
私の考えとしては、子どもが問題なくそれを受け入れ十分に効果のあるフッ素塗布ができるのであればどうぞおやりくださいである。

実は個人的には乳歯にはフッ素は塗らなくてもよいのではとも思っていた。未就学児に適切に効果があるようにフッ素を塗布することは大変難しいと思うからである。しかし、世間はそうではないらしい。ざっとネット上で見てみると

2,3秒ちょっと塗るだけで終わりなので簡単、子どもも不快ではない

とか書いてあるものもある。2、3秒の塗布で効果があるのかはなはだ疑問である。
2,3秒の塗布なら毎日フッ素入りの歯磨剤を使うんのでも変わらないのかなとも感じる。
子どもへの処置ではなく親への心の処置ではないだろうかとさえ思う。歯科医院で15年勤務した彼女ですら、やらないとだめと言われればやらねばと思ってしまうし、周りがやっているのでやらないと不安という言葉も口にする。

以前友人からも、「妻がフッ素塗布について聞くのだけど。やらないとだめなのか?」と質問があった。子どもが歯磨きを嫌がりかなり苦労しているらしい。しかし、フッ素をやったら歯磨きをしなくてよいかというとそうではない。

乳歯のフッ素塗布、正しく効果がでる方法でやっているのかを充分確認してほしい。子どものための処置であって親が安心するためのものではないのである。
未就学児の治療の多くにこの『親が安心するためのものではない』というキーワードがあてはまるように思う。
t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矯正装置が見えないこと
矯正の治療中、いわゆる矯正装置が見えることを気にされるかたは決して少なくありません。
そういう方のために、透明や白い装置や、歯の裏側につける装置、そして最近では透明なマウスピースタイプなものも普及してきています。

このマウスピースタイプのもの、半年ほど前に研修に行ってきたのですが行く前の
『こんなので治るわけない』
から
『おぉ、予想以上に治るなぁ』
に変わったのは事実です。
これについては、追って書きたいと思います。

さて、裏側の装置と白い装置で迷う人は多いです。
最終的な決断権は患者さんにありますから、こちらとしてはおのおのの装置のメリット、デメリットを説明します。やはり裏からの装置を選択する人は途切れません。裏からやるというひとは表からでは矯正治療はしない人なのです。

患者さんに見せる一枚の写真があります。
今は解散してしまいましたが、某バンドの女性ボーカル。今はソロで活動中です。
彼女のCDジャケットを引き延ばした写真です。口元にははっきりとブラケットが写っています。
当時、彼女がブラケットをつけてテレビに出ているのは業界では評判でした。我々はある意味職業病で初対面の人でもすれ違う人でもつい口元に目がいってしまいます。しかし、そういう我々でもテレビ映像の中でブラケットがついていることを確信するのは難しかったです。
CDジャケットを見せて
『あぁ、つけているの知ってました』という患者さんはいままで二人しかいません。
本人が思っている以上に目立たないのが実情です。
もちろん、裏からの装置はもっと目立ちませんので、それを望むかたはそれでよいと思います。

他にも、元アイドルグループのタレントとか、女性デュオの片方とか、日本人女性金メダリストとかがブラケットをつけてメディアに露出していました。
みなさん気づいていたでしょうか?

JUGEMテーマ:健康


t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矯正治療を迷う患者さんへ
年間100人を超える矯正相談の患者さんの中には、いろいろな悩みを抱えたひとが来ます。
悩んだあげく矯正治療をしない人もいますが、それはそれでよいと思います。
矯正歯科医師として、初診相談の患者さんに対してできることは、治療をやるかやらないかに納得できる結論をだせるように協力してあげることだと思うのです。

QOLという言葉をご存知でしょうか?
Quality Of Life の頭文字をとったこの言葉は日本語で言うと 生活の質 とでも訳せばよいでしょうか。

どこかで聴いた講演会の受け売りですが、矯正治療の目的はQOLをあげることだと思います。

歯並びをよくすることで、QOLが上がると考えたひとは治療をしたほうが良いし、そう思わない方はしなくてもよいのかもしれません。しかし、専門家としては患者さんというか、全ての方に知識として矯正治療によってどのようにQOLがあがる要素があるかということを教えてあげないといけないと思います。

正しい知識を得ていれば、あとは個人の価値観です。

一方で矯正治療によるQOLの低下も考えられます。
治療期間中の痛み、煩わしさ、治療にかかる費用など。

α:QOLの低下の程度×低下している期間
β:治療後のQOL上昇の程度×その後の寿命
とすると、
α<βであれば、治療をするに値します。時間が関係しますから、特に成人の場合は早い治療のほうが、その後の寿命を考えれば早く治療を始めた方が得るものは大きいと思います。

治療非治療によるQOLの変化

JUGEMテーマ:健康


t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
歯は抜きたくない
歯は抜きたくない。

これはやはり多くの患者さん、特にお子さんをつれてきたご両親から聴くことが多い言葉です。
私たちも同じ意見です。

しかし、ひとつプロとして考えなければいけないことがあります。

「歯を抜く場合と抜かない場合で同じ治療結果が得られるならば、歯は抜かないほうがよい」ということです。

歯を抜かない矯正治療、これは非常に耳心地がよく魅力的です。しかし、どんな治療でもメリットとデメリットがあります。歯を抜く治療および歯を抜かない治療のメリット、デメリットをしっかり理解していただきたいと思います。

治療のメリット、デメリットは患者さんによって異なります。個々に異なるために抜くほうが良いか抜かないほうが良いかが決まるわけです。全ての患者さんを抜かないで治療するとか、抜いて治療するなんていうことはありえないと私は信じます。

不思議なのは、成人の患者さんの多くは抜歯の提案を容易に受け入れてくれることが、ご両親としてやってくる同年齢の患者さんよりも多いということです。

歯を抜く必要があるか?
今なにかをやっておけば、将来歯を抜かないですむ可能性がでてくるか?
我々はまずそれを考えます。
しかし、歯を抜かないことがほんとうに患者さんに対して有益なのか?歯を抜かないことが唯一のメリットだとしたらなんのために矯正治療をするのか解らなくなってしまいます。

t-ortho | 矯正治療まめ知識 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/2PAGES | >> |